FC2ブログ

サントリーの功績。

『Maker's Mark』

メーカーズマーク‥、
言わずと知れたバーボンの銘柄です。
(サントリーから出ています)

私、最近までスコッチ派やったんやけどね。

でも、このメーカーズマークを自宅で気軽に
飲むようになってからは、これ一辺倒です。

値段はそうやな、サントリーでいうたら角瓶
700の1.5倍位やから、普通に角瓶飲んでる
方が手軽なんかも知れませんが。

私らが20代やった頃に比べて、格段に飲み
易くなったバーボン。
(昔は普通にスーパーに並ぶことなんてまぁ
なかった)

話は逸れるけど‥、バーボンといえば

→ジュリー(笑)!

昭和世代にしか理解出来んかもやけど(笑)。

『バーボンのボトルを抱いて~夜更けの‥』

ま、いいやw

サントリーから発売されたことにより、気軽に
求めることの出来るようになったバーボン。

ジムビームは、記憶に新しいですね。
(ローラちゃんのCMでおなじみ)

バーボン以外にも買い易いのは
色々あります。

オールド クロウ。
値段が安いw

ロンリコ(ラムやけど)。
これも(どのランクも)比較的安くて買い易い。

ブッカーズやベイカーズは高いんで、久しく
飲んでいませんが、メーカーズマークと同等
の値段位で気軽に手を出せるのは‥、
グランダッド(古い方)やキルべガンです。

メーカーズマークが、日本のスーパーでも
普通に陳列されるようになった訳は、
やはり

→サントリーの功績によるもの!

が大きいと思う。

私、新卒で入社した会社の常務の娘さんが
サントリーの関係者でね。

あんまり詳しくは書けないけど、『某万博』の
関係者やったその娘さんに、生まれて初めて
バーボンの美味しさを教えて貰いました。

最後に『バーボン』とは何か‥。

原料となる穀物にコーン(とうもろこし)を5割
以上使用し、オーク(樫の木ね)新樽で熟成。
アルコール度数、62.5度以下で熟成させる。

蒸留は、80度以下と決まっています。

この条件をクリアして初めて、『バーボン』と
名乗ってもいいですよ、という風にアメリカ
の法律では定義されています。

DSC_1654.jpg

Maker's Mark。
鳥串・軟骨

DSC_1655.jpg

『Maker's Mark』のロゴの入った、
グラスが付いてました♪

ランキング参加中です。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ナオ

Author:ナオ
酒がやめれない...


にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR